トイレ修理を失敗しないために

このサイトでは、トイレに関するお役立ち情報を詳しく紹介しています。
水が流れなくなってしまったというのは意外と多いトラブルで、慌てて業者に依頼したら高額請求されてしまったというような事例も多くあります。
インターネットのサイトに書かれていた料金と請求額が大幅に違うということも少なくありません。
信頼できる業者を見分けるためのコツやそういった業者の特徴について紹介します。
また、丁寧で迅速な作業はどういうものなのかも解説しています。

急なトイレのつまり修理も大丈夫!信頼できる業者を見つけるためのコツ!

急なトイレのつまり修理も大丈夫!信頼できる業者を見つけるためのコツ! トイレのつまりを解消してくれる業者を選ぶ場合には、事前にいくらかかるのか見積もりをしっかり提示してくれるところが信頼できます。
作業をしてみないといくらになるか分からないとか、すぐに工事をしないと大変なことになると急かす業者は信頼できません。
トイレが使えないと気持ちが焦るので、高額の請求にも応じてしまいがちです。
しかし、トイレのトラブルは緊急性を要するので、他の業者でもすぐに対応してくれます。
迷った時には他の業者にも相談して、見積もりを提示してもらうのがおすすめです。
また、住んでいる地域の水道局に連絡すれば、良心的な業者を教えてもらえます。
ホームページなどに水道局指定の業者が掲載されていることもあるので、チェックしておきましょう。

トイレがつまった時!つまりを解消するコツ。

トイレがつまった時!つまりを解消するコツ。 職場や自宅のトイレでも、気づいたらつまってしまっていたことはありませんか。
普段通りしようしたのになんでつまってしまったのか分からない、そういうこともあると思います。
トイレのつまりを解消するコツですが、まずスッポンを使用することです。
100円ショップやホームセンターなどでも購入できます。
簡単に手に入りますし、これがあればトイレつまりは直せるのではないでしょうか。
スッポンを使用した後に水を流せば大丈夫だと思います。
また、水ですが流すのはいいですが、タンクに十分に水が溜まっていない状態で水を流そうとしても あまり水は流れません。
ですので、タンクに水が溜まるのを待ってから十分な水の量を流せるようにしましょう。
つまりを直そうと急ぐあまり、レバーを上下しすぎて水が全然流れてこないなんて経験はありませんか? そういう時はタンクに水が溜まるのを待ってから流しましょう。
もしくは、タンクに水が溜まるのが遅かったり、水の量が足りない時はバケツなどを使って、タンクに水を入れることも必要です。
つまる原因ですが、紙の使い過ぎや異物を流してしまったなどです。
トイレットペーパーはトイレに流すものなので、つまらせないよう使い過ぎないように気をつけることが大切ですが、異物を流してしまった時が大変ですので異物は流さないことです。

ある日突然起こるトイレのつまりの原因はなにか

今まできちんと流れていたのに、突然トイレの水が流れなくなってしまうことがあります。流れにくいと思ってさらに水を流すと便器からあふれ出してしまうこともあり、掃除が大変になってしまいます。このような場合自然に直ることはほぼなく、待っていても解消されることはありません。そのためトイレのつまりの原因をしっかりと把握し、自分で直せる部分は直すようにします。
トイレのつまりの原因であげられるのが、水に溶けにくいものを流してしまった、水圧が不足している、尿石が溜まっているなどのこととなります。トイレットペーパーは水に溶けやすい特徴がありますが、大量に流した場合、溶けることがなく詰まってしまうことが多いです。さらに食品類を流した場合も少しずつ溜まっていき、やがて水が流れにくくなります。
気が付かないものとして、大便を小洗浄で流したことがあげられます。節水目的で行った場合に起こりやすく、水圧が足りずつまってしまいます。

トイレのつまりが発生する前の症状にはこのようなものがあります

家族が毎日使うトイレは、万が一使えなくなってしまった場合には、多くの人が困り場合によっては生活が立ち行かなくなってしまいます。つまったからといって間違えた対処をしてしまえば、さらに状況を悪化させることにもなります。一般的につまる前には予兆が見られるケースが多く、いち早く気づいて対処することが悪化の防止にもつながります。
トイレのつまりが発生する前に見られる症状としては、水の流れが悪いことが第一に挙げられます。これは排水間の中で何かしらのトラブルが起きているとも言えるでしょう。少しでも流れていれば使うことができるため何もせずに放置する人も多いかもしれませんが、そのまま放置すれば新たな固形物を巻き込んで少しずつ状態が悪化することも予想されます。この段階であれば自分で対処できるケースもあるため、早めに解決を図る必要があります。
そして水を流したときにボコボコと普段とは違う音が聞こえることも予兆の一つです。便器から聞こえてくればすぐ近くで詰まりが生じている可能性が高く、水流を遮っている可能性も考えられます。その他にも便器からの異臭や水位が下がらないなども予兆と言える症状です。

絶対にやってはいけない!?トイレのつまりを放置は危険

トイレットペーパーを多く便器に流すとつまりが起きてしまうこともある、これは便器内の排水路部分が非常に狭くなっていることが理由です。また、長年使い続けているトイレは狭い排水路内に汚れが蓄積していて流れを悪くしていることもあるので、急に水の流れが悪くなることもゼロではありません。
使い終えた後に流れが悪くなったと感じたときはつまりの兆候であると考える、それをそのまま放置していると全く流れない状態になることもあるの注意が必要です。このような症状が起きたときは、ラバーカップを使って流れが良くなるのかを確認してみましょう。定期的にパイプ洗浄剤などを使って排水路内の洗浄を行うのも効果的です。ラバーカップはホームセンターなどで売っている道具なので、現在所有していない人は購入しておくといざというときに役立ちますし、古くなったトイレはトラブルが起こりやすいので備えておくことは安心に繋げることができるわけです。

トイレのつまりは便器に合ったラバーカップを活用しよう

トイレがつまった時、まず自分で何とかして解決したいものです。そこで、活用できるツールがラバーカップです。しかし、いざ購入しようと和式用のもの、底部分に出っ張りが設けられた洋式タイプのものが販売されています。
良く見られる和式タイプのものは洋式ではつまりをとる事ができないので種類を間違えないようにしましょう。また近年普及が増えている節水トイレに対応しているタイプも販売されていますので、そちらを購入して下さい。使い方は、まず止水栓を閉めて、溜まっている水が洲kない場合はカップが隠れるくらいまで水を入れます。そして、便器が汚れないように大きな透明のゴミ袋で養生をしましょう。それから、ラバーカップを排水口をふさぐようにしっかりと密着させてから静かに押して力を入れ、引き抜くと解消します。あまりに勢いよく引き抜いてしまうと水が跳ね返って汚水が飛び散るので加減には注意された方が良いでしょう。ちなみにトイレットペーパーなどのつまりには使えますが、固形物がつまった際に使用されるのはお勧めできませんので注意して下さい。

トイレのつまりは予防可能!代表的な予防法を押さえておこう

トイレのつまりが発生すると非常に不便な思いをすることになりますが、ポイントを押さえておくことで予防することが可能です。
つまりが発生する原因は様々ですが、その中でも非常に多いのが大量のトイレットペーパーを一度に流すという行為です。トイレットペーパーは水に溶けやすいという性質を持っていますが、一度に大量に流すとつまってしまう可能性があるので、一度に大量に使用する際は複数回に分けて流すようにしましょう。加えて、トイレに流せるお掃除シートや赤ちゃんのお尻拭きなどもつまる原因になるので、流すよりもゴミ箱に捨てることをおすすめします。
また、水洗レバーの大小を使い分けるのも予防法のひとつです。大便の時でも小で流しているという方も非常に多いかと思いますが、小でのみ流しているとつまるリスクが高まるので注意が必要です。その他にも、スマホや歯ブラシ、カミソリ、ヘアピンなどの固形物がつまってしまうケースも多いので、便器の中に落下する恐れがある固形物を持ち込まないことも意識しましょう。

トイレのつまりの詳細サイト

トイレ つまり 京都市

新着情報

◎2022/3/30

情報を追加しました。


>ある日突然起こるトイレのつまりの原因はなにか
>トイレのつまりが発生する前の症状にはこのようなものがあります
>絶対にやってはいけない!?トイレのつまりを放置は危険
>トイレのつまりは便器に合ったラバーカップを活用しよう
>トイレのつまりは予防可能!代表的な予防法を押さえておこう

◎2021/11/30

サイトを公開しました